引越しをする際荷造りを効率よく行うポイントとは

必要なものと不必要なものを区別すること

引越しが決まった際に取り掛かること

引越しがいざ決まったらまず取り掛からなくてはいけないことは必要のないもののリストアップです。
リストアップをしないと引越しの荷物を軽く出来ませんし、必要がないものをずっと持ち歩くというのはあまり良いことではありません。
次の住まいが今より広くてもそのままには決してしないで不用なものはこの際整理してしまいましょう。
それと必要品の整理も必要ですね。
今まで生活には欠かせなかったものが長い暮らしの中で本当は不用になってしまっている場合も多々ありえることです。
そういったものは結果として新居でも使わなくなるものなのでここは現在の生活を見直して整理してみるのが良いと思います。
そうやって身の回りを整理することで引越しも結果的に楽になります。

必要品と不用品の区別と不用品の処分は必須

そして徹底的に今おうちにある必要なものと不用なものの区別を行うことが最も重要です。
この引越しを機会に本当に必要なものとそうでないものの区別は絶対必要になってきます。
まず2年以上の期間、衣類であれば袖を通したことがないもの、家電や道具であれば使ったことが一回もないものは明らかに不用品の部類に入ります。
そして頻繁に使っているものや使った覚えのあるもの、よく着る衣類などは必要品ということになります。
このように必要品と不用品の区別を徹底的に行い、不用品に関してはこの際思い切って処分してしまいましょう。
こうしておけば引越しの負担も軽くなりますし、今後買い物をする際も現在の生活にマッチしたものが購入できます。


この記事をシェアする